とりあえず、30日間続けてみた

アラフォーは攻めなければ負け!!

スポンサーリンク

ふわっふわの泡で洗顔したくて「あわわ」を買ってみた話

 

濡れ手に粟・・・ではなくて、濡れ手に泡!

その泡をあわわで作る!!

 どういうわけだか、気合の入った書き始めとなりました。

というわけで「マイクロバブルフォーマーawahour あわわ」を購入してみました!やっぱり洗顔は泡が大事!!泡立てネットを使っていたこともあるのですが、あれって衛生的によくなかったりもするんですよね?きちんと水切りをして乾かしていると良いのですが、水切りが不十分だと雑菌の温床となってしまうとか・・・ばい菌怖い。

ちなみにこれまでは熊野筆を使っていました!

このハートの洗顔ブラシ(貧乏なので小さいのしか買えないw)これも良かった!でも、不器用な私 泡立て方が微妙によくわからないのと、何年も使っていて、そろそろ新しいのに変えないと・・・そう思っていたのです。

f:id:aznyanco:20160910212257j:plain

何だか色あせてる(笑)何年も使っていると使用感も以前に比べるとよくないし。

f:id:aznyanco:20160910212244j:plain

ボサボサしてる。。。笑

そんなわけで新しいのを買おうとネットを見てたらあわわが目に飛び込んできたのです

  • 簡単に泡立てができる
  • クリームみたいな泡
  • こんな泡に包まれてみたい

最後は妄想が入りましたがwお値段は1000円だし購入してみることにしました(熊野筆は3000円オーバーw)筆自体は小さなものだったので、リピするかは少し迷っていたのです。そんな迷った私の目に飛び込んできたのがこの「あわわ」さっそくポチッとしてみました。後で知ったのですが、IKKOさんおススメだったらしいです。

届いたのですが・・・

f:id:aznyanco:20160724170502j:plain

ピンク(アダルト)な物を買った伝票の雰囲気しかしねえ!!!

 別にアダルティーなものなんて買ってないんだからwwと、非常に怪しい言い訳ちっくなコメントをしてみますが、本当にそういうたぐいのものは買ったことはありません!!(買ったことは・・・)

f:id:aznyanco:20160724170455j:plain

こちらが、いかがわしいネーミングのあわわですwいたって普通のカップ?となっております。構造も簡単な感じです。

  • カップ、棒、穴の開いた板

そんな簡単な構造のあわわ、使い方も簡単なのです。

  1. 石けんを準備する(基本的にどんなタイプでもOK!)
  2. 水を線の辺りまでいれる。
  3. 石けんを板にこすり付ける
  4. セット
  5. 最初は小刻みに上下させる
  6. 泡が出来てきたら、大きく上下させる
  7. 完成!

泡が出来るまでは30秒もあれば十分です!

注意点としては、洗顔は泡立つタイプのものを使用。洗顔フォームのクリームタイプの物は普段より少ない量でいいと思う(使ったことないけどw)固形タイプは種類によって量を調整する必要があります。泡立ちにくいものもあります。それは、今後いろんな石鹸を使ってレビューしていこうと思います。

あわわを使ってみた感想

いい!!泡が濃厚濃密!!いままでの筆でも細かい泡は作れていたのですが、量が全くしがいます。洗顔ネットでの泡よりもものすごく細かいです!そして何よりもたっぷりの泡で、本当に肌の上で泡を転がせます。手を触れずに泡だけで洗うという感じです。この泡で体を洗ってもいいのでは?そう思うのですが、このサイズでは1回では泡が足りないかな。でも、今度はそれも試してみようかと思います。

 

1,000円でこの気持ち良さが手に入るコスパの良さ!使い終わったら洗って拭いて乾かせば清潔に保てるし(たいした面倒でもない)これは買って良かった!!満足できる一品です!!

 

昨日こそサタデープラスで有名皮膚科医の人が洗顔で泡立てネットを使っていましたが、泡立てネットであれだけの泡を作るのって大変ですよね。泡がどんどん手から落ちちゃう・・・泡立てた泡を一時避難させて、もう一度すればあの量は作れるかな(私の場合)でも、あわわは、1度でその泡が作れちゃうのです!!しかも、泡立てネットよりも濃密な泡が(私比較)石鹸の種類によっては泡立ちにくいものとかあるけど、かなり便利です☆

今度、泡立ちの比較のブログでも書いてみいようかな♪